【どうよ?】育毛剤チャップアップはAGA(男性型脱毛症)対策で使える?

大変人気のあるチャップアップですが、実は多くの人が悩んでいる男性型脱毛症(AGA)には効かないって聞いたことはありませんか?

薄毛や脱毛が気になる人にとっては、これからどんな対策をすればいいのか調べていくうちに、このような口コミを見たことがあるに違いありません。

今回は、育毛剤チャップアップが男性型脱毛症に効くのかどうかなど解説していきます。ぜひ育毛剤選びの参考にしてください。

チャップアップはAGAに効かないってホント!?

チャップアップは男性型脱毛症=AGAへの効果はないといわれています。

チャップアップは育毛剤であり発毛剤ではないからです。AGAに対してはその治療を目的とした発毛剤が適していると言わざるを得ません。

そもそも育毛剤とは発毛を促したり、育毛を助け、抜け毛を予防することが主眼で、今ある毛髪にコシやツヤを与えて、よりヘルシーに頭皮や毛の状態をキープすることに使用するのが望まれます。

このことは、チャップアップだけでなくほかの育毛剤にも同様にいえることです。

AGAとは?育毛剤が効かない本当の理由は?

なぜ育毛剤がAGAに効果がないのかを説明する前に、まずAGAについてお伝えします。

AGAにはジヒドロテストロン(以下DHT)という男性ホルモンの一種が関わっています。DHTは、ほかの男性ホルモン(テストステロン)と酵素(5aリダクターゼ)が結合して発生し、毛髪の成長過程を狂わせ、男性型脱毛症にいたらせます。

脱毛という現象は、このDHTが男性ホルモン受容体と結合することで生じます。AGAになりやすいかどうかは、もちろん遺伝や体質、個人差などの要因が複雑に絡み合ってきますが、この5aリダクターゼ酵素や男性ホルモン受容体の結合しやすさにより異なるということも大きなポイントといえるでしょう。

この脱毛を防ぐには、この脱毛サイクルをコントロールもしくは抑えていくことが必要になりますが、医薬部外品として認められている育毛剤にはその作用が弱いためAGAには効きにくいのです。

AGAに対処するには、DHTが生じるのを事前に防いだり、毛髪の成長過程をコントロールできる医薬品が適しているといわれる所以はここにあります。

AGAの対抗としては弱い育毛剤は何に効くの?

多くの男性が悩む男性型脱毛症に育毛剤が効きにくいとなると、困ってしまう人はたくさんいるでしょう。

では育毛剤は何を目的にして対して使うのが良いのでしょうか。

育毛剤は、「今まだ頭皮に残っている毛髪をヘルシーにキープする」ことがメインの目的になります。そのため以下のような人に適しているといえます。

  • 今すぐできる薄毛予防策を試したい
  • 身体に副作用の影響の少ない医薬部外品から始めたい

さらに、AGA治療をすでに行なっている人が治療薬の服用と同時に、育毛剤を使用し相乗効果を期待したいという人もそれを使うことは十分有効な対策ともいえます。

本来のAGA対策には医薬品の発毛剤を使うべし

AGAを本格的に治したいという人は迷わず医薬品の発毛剤や治療薬を試してください。

育毛剤として大変人気のあるチャップアップでも医薬品のような発毛効果はなく、それよりも薄毛を予防したり、毛髪や頭皮の今ある状況を維持し環境を整える効果を期待して使うことが望まれます。

日本皮膚科学会の「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017版」では、AGA治療に対しては外用薬として「ミノキシジル」や内服薬として「フィナステリド」が勧められています。

有効成分ミノキシジルはリアップシリーズに、有効成分フィナステリドはAGA治療薬プロペシアにそれぞれ含まれます。

プロペシアやリアップシリーズ、いずれも医薬品であり、比較的強めの成分が含まれるため、とくに初めてAGA治療薬を使う人は、事前に医師や薬剤師に相談することを忘れないようにしてください。

医薬品はAGAへの効果がある分、人によっては身体に副作用が出やすくなることもありますので注意が必要です。

AGAを治したいと思ったらすべきこと

ここまでの内容をまとめるとこのようになります。

  • 育毛剤チャップアップは発毛効果は認められない
  • AGA治療には発毛剤使用や治療薬の服用がベスト

AGAのような脱毛症を本格的に治療したいと思ったら、育毛剤でなくAGAに適した発毛剤や治療薬の使用がおすすめです。

いずれにせよ、薄毛やAGAに悩んでいる人は自分の髪の状態や、既往歴や現病歴、薬の副作用やコストなど総合的に捉えて、個々の状況にあった対処法を選んでいくことが大切といえます。

チャップアップも軽度のAGAなら効果期待UP

AGAには発毛剤や治療薬が適しているとお伝えしましたが、実はチャップアップにもまったく効果がないという訳ではないんです!

重症のAGAにはもちろん発毛剤が適していますが、軽症のAGAや予防という意味ではチャップアップも十分使えるのです。

その理由としては、チャップアップにはDHTを抑える天然の有効成分が7種類も含まれているからです。

ですので、AGAに対する効果も期待できますし、副作用の心配もほとんどなく、一度トライという形で生活に取り入れる価値は十分あるといえます。

では、気になる7種類の天然成分について解説していきます。

【天然成分①】ヒオウギエキス

ヒオウギエキスは脱毛を促進する男性ホルモンを抑えて頭皮のホルモンバランスをコントロールすることで、AGAの進行をゆっくりにします。

ヒオウギとはアヤメ科の植物。このヒオウギから抽出したエキスがヒオウギエキスです。

このエキスの主な有効成分はイソフラボン誘導体で、エストロゲン(女性ホルモンの一種)と類似した構造で、DHTなどの男性ホルモンの作用を緩やかにさせます。

さらにDHT発生の要因となる酵素(5aリダクターゼ)をブロックする働きもあります。

【天然成分②】オウゴンエキス

脱毛を引き起こす要因をなんと77%も減らす効果があると言われるオウゴンエキスは、シソ科植物の根から生成される天然の生薬です。

主な作用としてはDHTの生成を抑えること、酵素(5aリダクターゼ)の働きをブロックすることなどが挙げられます。

AGAの直接の原因となるDHTの生成を抑えることから、このオウゴンエキスへの作用は見逃せないものになっています。

【天然成分③】チョウジエキス

チョウジ(丁子)はフトモモ(蒲桃)科の植物から抽出されたもので、その植物の果実はほんのりバラの香りが特徴である香料として使われてます。

このチョウジエキスにはホルモンバランスを整えるガロタンニンやオイゲノールが含まれており、酵素(5aリダクターゼ)をブロックする役割が期待されています。

【天然成分④】ビワ葉エキス

昔はあれほど身近にあったビワですが、そのビワから選択的に分類されるエキスはDHTを抑えるだけでなく、毛母細胞という毛根にある細胞の分裂を促し、髪の成長をサポートする効果があります。

このビワ葉エキスの最も有益な作用はこの細胞の活性化と頭皮の血液の流れを促す作用といえます。

【天然成分⑤】フィーバーフュー

フィーバーフューの毛を育てる効果を見出したのは大阪大学の教授です。リウマチ治療薬として考えていたのですが、発毛・育毛作用があることが後からわかったという背景にあります。

このフィーバーフューの効果はなんと1ヶ月程度で生じるとされ、その効き目の早さでが素晴らしい点といえます。

さらに、DHTを抑える作用があるとするパルテノライドが、このフィーバーフューに含まれており、その研究の結果についても日経新聞(2008年2月5日)に載ったほどです。概要をご紹介します。

  • 大阪大学とエム・エム・ティー(医療機器開発)がパルテノライドに育毛効果を見つけた
  • 精神的負担が原因の頭皮環境の乱れをパルテノライドがコントロールする
  • パルテノライドのサプリメントを薄毛状態にある男性30人が1ヶ月試すと頭頂部の増毛が約80%に見られた
  • 毛を育てる効果はあるが毛の根元の細胞が完全にない部分に対する発毛効果は期待できない

【天然成分⑥】ノコギリヤシエキス

チャップアップサプリに含まれるノコギリヤシエキスは、海外の文献(参考:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23298508)にもあるように、DHTを抑える作用が有効成分ファナステリドの約66%にも及ぶというデータがありました。

医薬品にも見劣りしない結果が期待できるノコギリヤシエキスはβ-シトステロールやオレイン酸などのDHTを抑える成分が含まれており、AGA対策には必須の成分といえます。

医薬品に見られる副作用が天然成分にはほとんどないというメリットもありながら、医薬品に迫る効果があるノコギリヤシエキスですが、性欲まで増強させる作用もあるというから驚きです。

性欲が減ってしまうという副作用が見られる薄毛の治療薬(プロペシア)などがある分、ノコギリヤシを使用するメリットは十分あるといえます。

【天然成分⑦】亜鉛

この亜鉛もチャップアップサプリに含まれる成分です。必須ミネラルの一つである亜鉛は、髪の元になるケラチンタンパク質を合成させます。

さらに、髪を生成する細胞分裂にも関係しており、髪の成長を促す作用もあるのです。

近頃の私たちには、不足がちな成分でもありますから、髪だけでなく体全体にも良い効果をもたらします。

まとめ

ここまで、チャップアップは重いAGA治療には向いていませんが、軽度のAGAやそれを予防するには十分に価値があることをお伝えしました。

その理由としては、DHTを抑える成分がチャップアップには含まれており、医薬品のような副作用を気にせずにAGA予防ができるからです。

このような理由からも、軽度のAGAや薄毛に対してチャップアップを使用している人が多いのも納得できるでしょう。